住商マリン株式会社

Message

Message

メッセージ

Message from the President

社長メッセージ

住友商事グループの強みである
船舶トレードを新たな領域に導く

2021年4月、当社は住友商事株式会社が手掛けていた船舶トレードを自身の事業に集約し、新造船の売買を中心に傭船・融資・中古船の仲介から船舶管理や舶用機器の取引までを取り扱う「マリタイムトレードの専門商社」として生まれ変わりました。
これら全ての取引を扱うワンストップショップとして、お客様に多面的・包括的なサービスを提供することが可能となりました。大切なお客様に、様々な取引を通してサービス・情報の提供に務め、ご要望にスムーズに対応し、具体的なビジネスソリューションを構築することで、お役に立っていきたいと願っています。

当社の創業は1996年、当時住友商事が手がけていた船舶融資取引の実務支援を行うために設立されました。
その後、ビジネスモデルが変遷するにつれ、取り扱い船の船舶管理業務や傭船契約の履行をサポートする業務、更には舶用機材取引の受託業務をサービス内容に加え、各種取引の遂行に広く関わってきました。商社は社会環境や市場のニーズが変化するにつれてビジネスへの取り組み方法を変えてきた訳ですが、その支援サービスの提供に携わる私たちも自らの機能を変え拡充させながらその動きに対応してきました。
この変化の主役となったのは、海運や造船の現場で実務に従事し、経験や知見を蓄え、私たちの事業に参画してくれた多くのプロフェッショナル人材で、これら社員の尽力と貢献なくして現在の当社の姿はありえません。私たちは、これからもそのようなプロフェッショナルに会社の門戸を開くと共に、これから伸びゆく若い世代の皆様にも実業を通して共に成長の機会を提供できるよう、広く仲間を募っていく方針です。

人の専門性、
プロフェッショナリズムの追求

私たちは、商社の持つ様々な機能や各業界とのリンクを活かしつつ、自身のフットワークを活かして具体的なビジネス課題に向き合ってまいります。今日、海運・造船業界においても、サステナブルな社会を維持するために、GHG排出規制をはじめ、様々な環境課題への対応や社会貢献が求められています。私たちは、これらの課題と向き合い、先進技術を積極的に自らのビジネスに取り入れ、環境にやさしく質の高い船舶をお客様に提供することを通して、未来の海上輸送に貢献することを目指します。
古く住友の先人は、自己の利益のみならず自然環境や地域社会の持続性を守ることを重視し、数多の決断をしたとされています。私たちも先人より受け継いだこのような事業精神のもとに、公益に資するビジネスの在り方を追求することによって、気候変動の緩和と循環型経済の実現と共に、安全かつ効率的な海上輸送手段の提供によって世界経済の発展に尽くしていきたいと考えます。

代表取締役社長 東井直彦

Sumisho-marine’s Goal

「住商マリン」の目指す姿

私たちは、マリタイムトレードの専門家集団として
実務・技術・現場視点で顧客への質の高いサービスの提供に務めます。

私たちは、独自の機能・知見を培い駆使し、ステークホルダーと共に
海運・造船業界の発展に大きく寄与します。

Our Philosophy&Way

住友商事グループの経営理念・行動指針

目指すべき企業像

私たちは、常に変化を先取りして新たな価値を創造し、
広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指します。

経営理念

企業使命

健全な事業活動を通じて
豊かさと夢を実現する。

経営姿勢

人間尊重を基本とし、
信用を重んじ確実を旨とする。

企業文化

活力に溢れ、革新を生み出す
企業風土を醸成する。

経営理念

  • 住友の事業精神のもと、経営理念に従い、
    誠実に行動する。
  • 法と規則を守り、高潔な倫理を保持する。
  • 透明性を重視し、情報開示を積極的に行う。
  • 地球環境の保全に十分配慮する。
  • 良き企業市民として社会に貢献する。
  • 円滑なコミュニケーションを通じ、
    チームワークと総合力を発揮する。
  • 明確な目標を掲げ、情熱をもって実行する。

Company企業情報

  • 沿革

    Our History

  • 住商マリンについて

    Information